昨年夏に関空が水没し北海道で大地震が起きました。とくに札幌ではコンビニやホームセンターに長蛇の列ができているようですが、私たち住宅会社はプラン提案時に防災関連のアピールも絶対にすべきです。


この写真は自宅に保管してある保存水の箱の一部ですが、保存食、カセットコンロ、ガスボンベなども含めて相当量の緊急対応品を私は自宅に保管してあります。

o1491185214261339524


コンサルティング先には必ずお話しするのですが、商談時にはこのような防災の話もすべきなのです。ここ数年明らかに災害の頻度や規模が大きくなってきました。


「岡山は災害が少ない県です」という話も前回の浸水で崩れましたし、札幌でも1876年の観測開始以来最大の震度を記録したです。


次に2枚目の写真をご覧ください。これはコンサルティング先が所有する住宅展示場の玄関脇クローゼットです。ここではこのような避難袋の実物を玄関に置きました。このような提案をすべきなのです。


防災、防犯に関しては提案すべき重要な項目でしょう。経営者の方にはここを強く認識していただき、そして専属の営業マンを抱えているならば、この旨をしっかりと伝えてアピールさせるようにしてください。

o1112083914261349266