少し前のことですが、私は北九州のホテルにいました。夜になって何気なくNHKのローカルニュースを見ていたのですが、天気予報の時に流れたのがこの映像。

 

               o0300020114347838264

なんだかわかりますか? そうです。PM2.5の飛散予報図です。

 

PM2.5なる名称を知らない人はいません。しかし、日常的にこのニュースを目にするのはおそらくは九州北部(南部や山口県も入るかもしれませんが)の居住者だけでしょう。

 

私は昔から九州には頻繁に出入りしていますので(今でも月に3回は福岡入りします)このことは知っていましたが、最初に見た時は「おー そうなんだ!」と感心した記憶があります。

 

ここで考えたのは「私が九州で活動する住宅営業マンだったら?」という仮定。

プレゼンテーションでは子供部屋の造りに工夫を凝らすでしょうね。

 

「この時期はPM2.5の問題がありますから小さなお子さんを外に出したくないということもありますよね? ですから子供部屋は室内いても楽しく遊べるような工夫が必要だと思うのです。このプランをご覧ください・・・」とやるでしょう。

 

地域によって強く推すべき内容というものが存在するのです。