令和時代になって海外旅行計画している方も多いでしょう。今日のブログは海外旅行で気が付いた追客ネタをご紹介しましょう。

このLINEのやり取りは何だと思いますか?


IMG_5889




IMG_5890



これは香港で立ち寄ったカジノから私に来たLINEです。

せっかく香港に遊びにいったので「カジノでも行ってみっか!」と友人たちと示し合わせて出向きました。

私の戦績は2500円のプラス! なかなかでしょ?(笑)
そのお金でマッサージを受けに行った記憶があります。
このマッサージのおばちゃんの力がすごくてえらい目に合いましたがね。

さて、問題のやり取りですが、これはカジノからの追客LINE。何らかの理由でLINEの登録というか、そんなことをしたはずですが私はすっかり忘れていました。

ところが、ある日突然こんなLINEが来るわけです。

「最近はどう?」
「長い間、あなたの顔を見ていないね」


つまり、カジノからの追客です。

これは住宅営業でもまったく同じですが、初回面談時にメールをアドレスを尋ねる癖をつけてください。

アドレスさえ聞いておけばこんな感じで気楽な追客というか様子見ができるのです。

「メールアドレスとかなかなか書いてくれないよ」

こういう声もあるでしょう。
私の答えはこうです。

「10人中1人しかアドレスを書いてくれなかったとします。この場合はアドレスを書いてもらうよう1回だけお願いしてください。10人中1人だったものが2~3人は書いてくれます。必ずこういう結果になるのです」

いかがですか?