注文住宅、分譲住宅、建売住宅なんでもいいのですが、イベントを開催するときには【来場プレゼント】を用意するのが一般的でしょう。

私が積水ハウスの営業マン時代も同じこと。その当時もいろいろなものを準備していました。

ただ、その当時も今もその内容に変わり映えがしないと思えてなりません。

どうでも良いような台所関連商品に始まり、強烈な集客力を持つ食品なども昔からの定番です。

来場粗品ですからこれもいいか・・・とも思うのですが、私はどうも釈然としないですね。

どうせプレゼントするならば粗品ではなく役に立つ興味深いものをプレゼントとするべきです。

そんな一つを今日はご紹介します。それがこの写真。今から30年ほど前にあるハウスメーカーが使用していた規格プラン集です。

どうですか? 今と大きくは変わらないと思います。ごく一般的な間取りですが、これをこんな感じでチラシにアピールしたのです。

【30年前のプラン集を差し上げます! 
  なかなか手に入らないですよ!】


スクリーンショット (405)-crop

スクリーンショット (406)-crop



来場者の中には一級建築士事務所の先生までいて「これをぜひ欲しいのですが」と言われたことを覚えています。

来場粗品・・・ではありません。家を建てる人にとって参考になるものをプレゼントすべきでしょう。